代表あいさつ

『お客様から信頼される建築の相談窓口を目指します。』

こんにちは、いい家づくりコム、代表、一級建築士の鈴木です。
数有るサイトの中で、いい家づくりコムのホームページをご覧いただき有難うございます。 私たち、いい家づくりコムでは、建築の相談窓口として皆様のお役に立ちたいと心から願っております。

『いい家づくりコムは、一生懸命なスタッフと参画する企業が私の誇れる仲間です。そんな仲間が皆様に精一杯のお手伝いをさせていただきます。』

いい家づくりコムは、一期一会のお客様を大切にし、人との出逢いを大切にしたいと考えています。 それは、人と出会うことで自分たちにプラスになったり、人から感謝されたりなど、多くの喜びがあることを知っているからです。
良い仕事をしてお客様に、喜んでもらえることが私たちの一番のやりがいになります。
いい家づくりコムは、お客様のニーズに応じご相談を賜ったあと適正なご提案をさせていただきます。
また、お客様それぞれにとって理想の住空間を作ることが一番の目的だとも考えております。

その一つの例が、当団体の参画企業です。建築のプロの目で選別した各分野で優れた工事業者なのでお客様にご紹介しても安心感がございます。建設業の許可もあり建築の有資格者、技術者も存在し、一部大手メーカーの下請け工事業者も参画しているので、技術力・マナーは優れていて、かつ、工事のコストは元請業者の利益がない分割安だと思います。例えて言うなら工場から仕入れ価格で品物を直接買うのに似ています。また、当団体の参画企業は、お客様に、きめ細かな対応を行うことで信頼を得たいと考えており、お客様に対しては自己の持つ最高の技術で応じることを目指し事業を展開しております。

ふたつ目の例として、外壁工事やリフォームを行う場合には、建物の状態にあわせて工事内容を決めなければならないため事前の現地調査がとても重要になります。当事務局の現地調査は各工事の専門家が同行し、プロの視点から現状の把握を行った後、ご予算・ご希望に応じたご提案やアドバイスをさせていただくのが基本です。当事務局は建築のプロ集団としてご依頼いただいた内容だけではなく、現地調査やご要望をもとに複数のご提案をさせていただき、お客様にご提案の比較検討をしていただいております。「もう少し予算を抑えられないか」「メーカーや施工方法を変えるとどうなるか」など、率直なお客様のご意見も的確に工事業者に伝え、誠意を持って内容の調整をさせていただきます。さらに、一級建築士事務所の登録を持つ当事務局母体のNPO法人ビルダエコが第三者的な立場で建物調査や工事監理を行うことも可能です。

『いい家づくりコムは「建築相談NO1」を目指し「お客様から相談してよかった。」そう言われるために邁進致します。また、そう言われ続けるために努力も致します。』

とても残念なことですがどの業界にも不誠実な業者、悪質な業者が存在します。私が関係する建築業界にも一部存在するようです。これまで多くの手抜き工事などを実際に目の当たりにしてきたので、当事務局に、ご相談のあったお客様だけには、いわゆる悪徳業者の被害者に遭って欲しくないと願っております。適正な工事をするうえで「工事業者」や「職人」に対し「建築に知識の少ない消費者の方」が、独断で判断し「工事の依頼などを安易に行う」とどこかに無理が生じるケースがあります。また「建築の有資格者や建設業の許可業者」など、一見信頼できる方達であっても工事予算を異常に安く発注する下請け体質なら施工に無理が生じることがあります。建築業界の一部の考えでは、基礎から順番に建てる新築住宅工事よりも、ずっと難しい工事がリフォームだと言われております。
そこで、皆様にご提案する秘訣のひとつは、工事業者を選ぶ際には、必ず複数の業者から提案を受けて工事の内容や価格の比較をするのが大切な作業と言うことです。

『また、その作業の前に皆さんの味方になる相談先を見つけるのは、より重要な事項だと付け加えさせていただきます。いい家づくりコムは必ず皆様の強い味方になります。』

そして、お客様には、誠実にご協力をさせていただこうと考えております。それは、住まいとは「衣・食・住」の中でも家族の生活にかかわる大切な領域なので、全ての皆様に「ご安心とご満足」を持っていただきたいと考えているからです。
さらに、将来に対する備えとしては、世界でも「超高齢社会」のひとつといわれる日本ですので、日ごとに高齢者住宅に関わる相談が当事務局でも増えてきました。住まいに関して大きな問題を抱えるお客様と触れて感じることのひとつには「なんとかなる」と思っている人が比較的多い事です。しかし「なんともならない」事態が生じてしまうケースがあるのも現実です。私は、震災の復興ボランティアで「なんともならない」事態の人達を沢山見てきました。一部の方は復興も何も見えず未だに苦しんでいて救済の術が少ないのが実情なのです。
私を含め、誰もが毎年確実に歳を重ねていきます。体の状況もいやおうなく衰えていくのが人間ですから、バリアフリーや家族人員の変化に対応するにはそれなりの計画と準備が必要です。だから「高齢社会への対応は余裕を持って」とお伝えしたいのです。
一生懸命働いてきたあとの「住まいには少なくても不自由を感じなくて済む」ように出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
最後になりますが、以下コラムに、建築に関し特にご注意いただきたい内容をご参考までに、ふたつご紹介させていただきます。今後とも皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます 。

≪コラム≫

【リフォーム工事の多くは建設業許可のない業者でも工事を受注出来るのでご注意下さい。】

リフォーム工事トラブル要因のひとつとして、リフォーム工事などの多くは、建設業許可の無い業者でもお客様から工事の受注が出来るので注意が必要です。その条件としては次の3つに該当する工事なら許可が不要です。建築一式工事(新築や増改築など建物を建てるときに工事に携わる複数の専門業者に対し指導・監督を行う工事業務)については工事1件の請負代金の額が1,500万円未満の工事。また、延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事。建築一式工事以外の建設工事については工事1件の請負代金の額が500万円未満の工事。といった「軽微な建設工事」のみを請け負う場合には必ずしも建設業の許可を受けなくても良いとされています。お客様の中には一部寛大な方がおられ、実際に工事をするのはプロの職人なので全く問題は無いと考える方もおりますが、職人達は請負った工事・指示以外の事はしません。構造や防火を無視した建物でもお金になる仕事があればつくる可能性もあります。
また、表面だけを改修するように指示があれば、傷んで腐食した内部の柱は、そのままで目に見える表面だけを綺麗に仕上げていくこともあります。これらは決して職人達が悪いのではなく建築会社の選択を間違えたからこそ起こる業界の実情なので注意が必要です。

【現在の法律に耐震性や防火性などが非適合でも違法にならない建物が沢山あります。】

皆様は「既存不適格建築物」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
なかなか馴染みのない言葉ですが、次のように考えていただくと多少理解できるかと思います。
現在では、建築基準法などの法律に違反している建築物であっても「建築基準法などが施行された時点で既に存在していた建築物等」や「建築当時は適法であった建築物等」については、違法建築としないという特例のことです。このように現在では事実上違法な建築物であっても、法律的には違法でない建築物のことを「既存不適格建築物」と呼んでおります。ただ、法令に違反して建築された違法建築や欠陥住宅とは区別されています。
例えば、阪神淡路大震災の後、建築基準法及び関係法令(耐震基準など)について、その後、被害の状況などを考慮し、建物の耐震・防火基準などの法改正が行なわれてきました。
古い建物の場合なら、現在の法律には適合しない部分が出てくるケースがあります。そのような「建物」を「既存不適格建築物」と言い、現在の法律には適合しない部分があっても現状のままなら違法ではないですし、増改築や大規模修繕等を伴わないリフォーム工事なら現在の法律に抵触せず工事が可能となっております。ただ、既存不適格という制度は、法の不遡及の原則と法改正のたびに、既に建っている建築物の全てを違反とすることで起きる社会の混乱を防ぐための特別な制度であり、現行法に適合しない状態を半永久的に続けることを認めているわけではないことは付け加えさせていただきます。
しかし、ここで問題になるのが現実の問題です。例えば「昔、当時の法律で新築した合法の建物」ですが、現在の法律で考えると耐震・防火基準が適合していない。大きな地震が来ると建物の倒壊や火災の危険があり死傷事故にもなりかねない建物が多数現存しているという現実です。阪神淡路大震災以降、実際に起きた大きな震災の際には「既存不適格建築物」となる建物の強度不足で建物の倒壊や火災が発生し、死傷事故が多数起きています。また、道路に壁などの一部が飛散し非難する人に被害を与えたり、緊急車両の通行にも支障をきたしたりする二次被害も多数起きています。これらは行政や建築業者のどちらも悪いと言えない想定外の現実ですが、このような社会問題を解消するためにも、今後、建築会社などの選択がとても重要と言えます。

『私たち、いい家づくりコムでは、「既存不適格建築物」の増改築や大規模修繕等を伴わないリフォーム工事の際にでも重大な被害を起こしにくい対処方法や軽減させる手法をご提案させていただきます。また、その他の要因でつくられた不備のある建物についても第三者の立場で改善策をご提案させていただきます。』