NJSP工法って何?

専用の塗布剤を用い、独自に開発した塗布技術で、窓の樹脂サッシをコーティングリペアする塗装方法です。長年の研究と技術開発が実を結び、2013年4月に「合成樹脂製建材の再生塗装方法」として特許を取得(特許第5252471号)。窓枠の劣化防止はもちろん、リフォーム時の外壁と窓枠のコーディネートにも最適の工法です。 

樹脂サッシって、塗れるの?

これまでは樹脂サッシの表面が変色したり、ひび割れたりした場合、塗り替えはできないものと諦めてサッシそのものを取り替えるケースや、また塗装しても剥がれたり変色することが少なくありませんでした。変色やひび割れといった症状が出ても窓そのものに問題があるわけではありませんが、劣化を放置すると、窓枠そのものを取り替える工事が必要になる場合もあります。NJSP工法は、このような問題を解決するために研究と開発に取り組み、樹脂サッシの塗り替えを可能にしたのです。

どんな時に、塗り替えたらいいの?

もし、あなたの家の樹脂サッシにひびが入っていたり、たとえば黒かった窓枠が青や緑に変色している場合は、まさに塗り替え時です。あるいは、塗料が粉状になって表れるチョーキングという現象や、サッシまわりの接合部などに劣化が見られる時も、NJSP工法でコーティングリペアすれば、樹脂サッシは美しく、高耐久に生まれ変わります。このほか、リフォームの際に屋根や外壁とのカラーコーディネートを考えた窓枠の塗り替えにもおすすめです。お気軽にご相談ください。

NJSP工法って、どこが違うの?

築年数を経た住宅では、窓枠も外壁も同様に経年劣化が起こります。樹脂サッシの表面に変色やひび割れの症状が出ても、従来の技術では塗装によってさらに悪影響が出ることが多く、サッシごと取り替えざるを得ませんでした。また他社施工では専用の塗布剤を使用しないため、剥がれ、膨れ、変色などの問題を招く恐れがあり、ひどい時は窓の反りや割れを促進する場合もあります。これらの問題をすべて解決し、樹脂サッシの塗り替えに成功したのがNJSP工法であり、リフォームの新ジャンルなのです。

使用する塗料にカラーバリエーションはあるの?

ベーシックな黒や茶色をはじめ、外壁にアクセントを与える鮮やかカラー、清楚な白、シルバーやゴールドなどのメタリックカラーもおすすめです。外壁と調和やコーディネートを考慮し、よりお似合いの色をご提案します。ご要望によりサンプル以外の調色も可能です。お気軽にお問い合わせください。

NJSP工法って、どんな技術なの?

NJSP工法では、一般社団法人 日本樹脂サッシ塗装組合と塗料メーカーが開発した専用の塗布剤を使用し、独自に開発した塗布技術を用いて、お客様の住宅の樹脂サッシを現場で丁寧に塗装します。窓枠のクリーニングに始まり、2回の上塗りで発色と強度を高め、仕上げに保護クリアーを塗ることで紫外線によるツヤ引けや変色を抑え、さらに耐久性を高めます。

樹脂サッシの取り替えと塗り替え、どちらが経済的?

通常、住宅には窓が13~15か所ほど設置されます。立地条件によっても異なりますが、サッシ交換および内部工事などを含めた樹脂サッシの取替工事費に比べ、NJSP工法で塗り替えた場合は数分の1の費用で済み、とても経済的です。少ないコストで、得られる美観と満足は大きいものです。